詩吟とは?

“百聞は一見に如かず” と言いますので、詩吟についてのご説明の前に、まずは以下の動画をご覧ください (^_^)

「詩吟」がどのようなものか、何となくご理解いただけましたでしょうか?(^_^)

さて「詩吟」とは、漢詩の読み下し文や和歌・俳句などの詩に、独特の節をつけて詠む芸能のことで「吟詠(ぎんえい)」ともいいます。

詩吟では、一般的な「歌」のように、詩文をリズム・メロディに乗せて歌うのではなく、詩文の素読(※1)の後に、特有の節(節調・揺りなどと言います)を加えて、詩情を表現します。

例えば、先ほどの1つ目の動画の冒頭にあった「川中島」という詩吟の場合、「べーんーせーいーしゅーくーしゅーくー♪」と歌うのではなく、「べんせいー(節調) しゅくしゅくー(節調)」というように、語尾の母音を長く引き、そこで節調を行います。

現代の詩吟が漢学者の間で始まったという歴史的経緯から、吟ずる対象になるのは漢詩が中心になりますが、和歌・俳句・新体詩などの詩を吟ずることも少なくありません。

※1) 素読(そどく):詩や文章をメロディをつけずにそのまま音読すること

詩吟の歴史(概要)

≫ 詳細な歴史については「詩吟の歴史」のページをご参照ください。

詩に節や曲をつけて謡う風習は古代中国からありましたが、現代の詩吟は、江戸時代後期に武家の子弟を教育した私塾や藩校において、漢詩を素読するときに独特の節を付けて詠んだことから始まったと言われています。

それらの門人が全国に広め、文士風の格調高い吟調を基調とする諸流派が生まれました。
一方、幕末の志士が悲憤慷慨を激しく吟じ上げた勤皇節という吟調も盛んになります。

明治、大正、昭和を通じて文士調、勤皇調の二つの吟調は共存しながら伝えられ、当時の青年たちはそれぞれの魅力にひかれ、その特徴に基づく新しい流派も次々に生まれました。

※上記の文章は、日本詩吟学院「詩吟とは」のページより引用させて頂きました(一部追記・修正あり)

詩吟の流派

詩吟の歴史」のページにも書かれているように、詩吟の流派は数千と言われるほどに数多くあり、規模や活動地域も流派によって大きく異なります。
現在「詩吟ファン」では、詩吟の各流派・団体の情報を集めた「詩吟流派・団体リンク集」を随時更新中です。

エンターテイメントとしての詩吟

公演・ライブやテレビなどで詩吟が吟じられる時は、剣舞や扇舞とともに演じられることが多いですが、書・華道・武術・ダンス・民謡・コーラスなど、様々なコラボレーションの試みも行われています。
剣舞・扇舞との詩吟動画一覧
書・華道・武術・ダンスなどとの詩吟動画一覧

(2017/4/14 更新)